株式会社 たてもの損保調査

電話マーク 今すぐお電話!!
03-6778-0949

火災保険とは何なのか。

火災保険は保険の種類としては損害保険になります。 よく聞く損害保険としては、自動車保険と火災保険が有名ですね。 基本的に両方の保険共に事故にあったら、損害を補償してもらえる。というのが損害保険になります。

自動車の事故はみなさん簡単に想像がつくと思いますが、建物の事故ってご存知ですか? 実は毎年のように建物は事故にあっているんです。 火災保険の補償内容は火事以外にも対応していうのをご存知でしょうか?

風被害

風被害

雪被害

雪被害

雷被害

雷被害

地震保険は何が対象になるの?

地震保険は、建物の種別・構造によって変わってきます。
木造 柱構造 であれば、基礎・外壁・屋根・柱、が対象でそれぞれどのくらい の損傷があるかを、合計した割合によって決まります。
また、火災保険と違い、地震保険の場合は査定の結果は4通りになます。
1.無責 こちらは被害が認められない。もしくは基準に達していない。
2.一部損 掛けている金額の5%が出ます。
3.半損 掛けている金額の50%がでます。
4.全損 掛けている金額の100%が出ます。

※全損になると建物の価値が0と見なされるため、 保険継続が出来なくなります。

激しく燃える炎

このような突発的な事故等々。 自動車の保険は車が全損にならなくても、走って、曲がって、止まれる状態。 でも、ドアが凹んだ。 バンパーに傷がついた。 等の被害であっても保険の対象になります。 (自動車の保険は使うと等級が下がり、保険料が上がってしまうので、金額の少ない損害では使わない方がほとんどですが。) 同じように建物も住むのになんら問題の無い被害も対象になります。

ここまでお話しすれば、勘の良い方はお判りかと思いますが、建物にあるちょっとした傷や変形を調査して、保険の対象になりそうなら、保険会社に確認してみて、認めてもらえれば保険金がおりる。というところまでのサポートさせていただいています。

まずはお問い合せを

問い合わせフォームへ